スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アジ・・・いわし・・・てつさま・・・
いやぁびっくり。
先日のズームでちらりと流れたのを見て、私が想像していた範囲を遥かに超えるPVでした。


ズームで流れた部分はメイキングで、PV本編ではないと思っていたら
しっかりその部分も組み込まれてたという。
あの映像を挟むことによって
「これはCGじゃないんだよーらるくのお兄さんたちは本当にビルの屋上で撮影したんだよーー」
って主張したいわけなんですね。へぇなるほど。


そして、白々しいばかりに屋上の縁から足を踏み出す人。
動いてるように見せかけて、実は両端2人が動いてるだけな真ん中の人。
外さえ向かず、ただ一人あさっての方角を向いて座ってる人。


なんでだろう、なんでなんだろう・・・今度のPVはkenちゃんの印象がないわ_| ̄|○


脳裏に焼きついていることは
銀色に輝くリーダー様のお姿



最後の最後、セットから降りるゆっきーが
ぺこり
って小さく頭を下げるところ!!(↑字はデカいですが・笑)

リーダーは、コハダになったんだね☆(違)




そんなNEXUS 4が『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』に登場するアンドロイドNEXUS 6(7?)に由来しているらしい、と知りまして、この本を読んでみたくなったのですが、本屋に行ったのにすっかり忘れてわっついん等音楽雑誌を立ち読みして満足して帰ってきてしまいました。
私のバカ。


アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))アンドロイドは電気羊の夢を見るか? (ハヤカワ文庫 SF (229))
(1977/03)
フィリップ・K・ディック浅倉 久志

商品詳細を見る



スポンサーサイト
え~~kenちゃんすごくカッコイイのに!!
もう足だけでノックアウトですよ。

私もそれを知ってから3度本屋に行ってるのに3度とも忘れてます(笑)
今は映画ブレードランナーを借りるべきか悩んでますわ(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
かっこいいkenちゃんを今度こそ見るぞ!と思って何度も繰返して見たんだけどね・・・はだけた胸と、下を覗き込むしぐさが可愛かったことしかわかんないの_| ̄|○

精進します(苦笑)
<( ̄口 ̄||)>!!!
kenちゃんのカッコイイところはなぜか部分部分っていうか全部部品だったりします(笑)
ギターをヒラッとさせるところとか、つま先の動きとか、後姿のシルエットとか、足とか!!!!
マニアックすぎるのでしょうか?
すすすすんませんー。
まだ、kenちゃんの部品に萌えられるほどのレベルに達しておりませんでした(笑)

SHINEのkenちゃんは、すんごいかっちょいい!と思うので、NEXUSのカメラ割りが、kenちゃんの魅力を半減させてるんだ!!ってことにしておきます(笑)
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://blueorangesakura.blog66.fc2.com/tb.php/113-984e6e4f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。