スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆきひろさんよりも建物に萌えた音楽と人
さむかったらしいあの撮影場所は明治●命館ですよね?
自分、建物萌えってのはあんまりしないんですが、ここは萌えますね。
なんてったってコリント式の柱がいいじゃないですかー!

・・・と、ここで書いても誰もついてきてくれないと思うので、話題転換(笑)

背景ではなく人物について、少々感想でも。
えーっと、雑誌後半に載ってる撮影裏話コーナーみたいなところで
ばっちりメイクを施してほしいので(以下略)
と書いてあるんですが・・・えっと、あの、藤井さんはともかく、ゆきひろさんメイクしてます?
撮影スタッフとして荒木さんのお名前が入っているので、当然なんらかの手は加えているんでしょうが、ばっちりっていうほどじゃあないですよね。
とは言え、あの私服全開な格好で目のまわり黒くされても困るんですが(笑)

対談の内容は、むずかしくて半分以上お手上げでした。
レベルって何のこっちゃ?と、検索してみたところどうやら音量のことらしいですね。
周波数がどうのと、最終的には物理学の世界の話になってしまってついていけなかったので、間違ってたらすいません。
バカ耳ですので、今までひとつの曲の中で音量が変化していたなんて気がつきもしませんでしたが、自分みたいな聴き手が多いからこそ、藤井さんが言う「レベル至上主義な風潮」になってしまってるんでしょうね。


ken牛乳については、読んだファン誰もが思ったであろう

モサでもプリでもいいけれど、デブケンだけは勘弁してくれ!

この一言につきるかと。
そして、『資本論』と『量子論』。
資本論は、読んだことないですしこれからも読むことはないでしょう(苦笑)
量子論については、ちょっとだけ興味があります。
ってか、これまた物理ですね。
学生時代、もっとちゃんと授業聞いておくんだった!
あの当時は、んなこと勉強して将来何の役に立つんだ?って思ってたけど、今になってみれば、役に立つ立たないの世界じゃないってことがわかるんだよね。
ちゃんとした知識があれば、握手会の時「kenさん、量子論の・・・」って話掛けることができ・・・いや、できんな。緊張しすぎて無理だ(笑)

そんなkenちゃんのソロインタは、あいかわらず哲学的で、ゆきひろフジマキコンビの会話とは違う意味でついていけませんでした。
っていうか、ほんともう誰でもいいからkenちゃんにUFO見せてあげてください(笑)
いるから、ね、ほら見たでしょ?もういいでしょ?納得したでしょ?って言ってあげたい(笑)

私物コーナーは、先月号を読んでるkenファンなら「あぁこれが姪っ子さんが貼ったっていうシールね」とわかるけど、そうでない別の人ファンが見たら「ラルクのkenって一体?」って思われそう(笑)
ゆきひろさんの私物は・・・お財布??


むっくちゃんの武道館レポも面白かったし、なかなか読みごたえのある1冊でございました。
ごちそうさま。

スポンサーサイト
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://blueorangesakura.blog66.fc2.com/tb.php/196-2519324c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。