スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
花葬は予告されていた
「あっ重いですよ!」

というセリフとともに○川のお兄さんが届けてくれた13800円の箱。
はい、見た目が小さいくせに意外と重量があることは承知しております。

開封。
しかし、まず手に取ったのはすでに持っている02・・・。


いや、01もパラパラ見たんだけどね、うん、なんかね、理由は不明なんだけど
あの頃の写真をね、見ると妙な気恥ずかしさ?があってね、見てられないのね、うん。
ソバージュhydeとか、赤ロンゲテツ様とか、ぷりkenちゃんとか、いつの時代も我が道を突き進む兄貴とか兄貴とか兄貴とか。
早まってオークションで高値のヤツ買ってなくてよかった。
もし買ってたとしても読まなかった(読めなかった)ような気がする。
また自分のテンションと相談しつつこの辺は読みますです。


んで、そんなことはどうでもよくて

P'UNKの花葬ですよ!!
るしえる会員の方はVol.40のhyde's Diary 20040410>>0411をご覧くださいまし!


「花葬」のデス・メタルバージョンもしたいなと思ったんだけど、それは確実にライヴではウケないだろうと思ってやめました。


タイムリーに、ついさっきLArcomにて花葬を試聴したばかりだったので、発見した時にはウヒョー!って感じでした。
そうか!すでに1年前の時点でhydeさんの中には、この花葬のイメージが出来上がってたってわけなんですね!
ライブでやっても十分受けたと思うんですけどね?。
んー受ける受けないの問題じゃなくてライブで再現できるか出来ないかの問題なんじゃ

他にも読んでるし見てるハズなんだけど記憶に残ってないことも多くて
今読むとなるほどそうだったのか、と思うことが多いですね。
2000年頃の予算たくさんあったのね?時代とか、REAL前後のもどかしい空気とか(苦笑)

13800円。
高いか安いか?と聞かれれば高い買い物だったかも知れませんが
記念だと思えば、まぁ買って損はなかったかな?
スポンサーサイト
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://blueorangesakura.blog66.fc2.com/tb.php/447-9a7f0028

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。