スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぼくの貴公子
仕事から帰ってきたら、先日注文していたWORDSが届いていた。
が、それよりも先に弟が買ってきていたマガジンを読んだ私。
・・・いいんだいいんだ、どーせ1回読んだことある内容だし、約1名のインタビューなんて読んだら、しばらくグルグルしちゃって浮上できなくなるんだから、いいんだいいんだ。

で、それよりもマガジン連載の某マンガ。
「ぼくの貴公子(プリンス)」ですよ。
こんなセリフ、BLの世界でもなかなかお目にかかれませんよ(爆笑)
それを、少年漫画で書いちゃうんですから!
いやもう、あっぱれですよ(笑)

以前、友人にオススメしたら「狙いすぎてるからダメ」と言われてしまったくらい
最初っから『そっち系』のおねーさんを狙ってる(と思われる)マンガでしたが、今回ばかりは、さすがの私も脱帽です。



と、まぁ余談はさておき(ほんとに余談だよな)
WORDSです。
読み始めて3行目でいきなりツッコんでしまった。

【(前夜祭について)チケット販売や当日の仕切りには細心の注意が払われた】

細心の注意が払われた結果がアレですか???!!!?
まさか読み始めて3行目で、鼻で笑うことになろうとは・・・。
インタビューの内容については省略(笑)
雑誌で掲載されてた話をまとめて読んだ、あぁそうだったね、もう忘れてたよ。
って感じです。

無償の愛に目覚めちゃった人と
いついかなる場合でも、1回読んだだけでは理解しがたい話をする人と
どこまでが本当で、どこまでが嘘なのか私には判断できない人と
あんたが一番敵に回したら怖いよ、って人 がいました。

1回読んだらもう十分。満腹です。ゲフ。


あ、どうでもいいことなんだけど
救急車とか点滴って単語よりも血尿って単語の方が
よりいっそう生々しいと思うのは私だけですか?
スポンサーサイト
コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://blueorangesakura.blog66.fc2.com/tb.php/551-73473d9e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。